アラサー女が最低限やるべき3箇条とその他

その1:運動を欠かさない

体型を維持するのに食事制限をかけている方がいますが、食事制限が有効なのは余程の肥満体型か、10代後半から20代前半までの若い方に限られると思います。20代も中盤から後半に差し掛かると、一気に代謝が下降するのか、食事を我慢してもなかなか思ったように痩せなくなるような気がします。
そのため、私は食事制限は諦め、運動でひたすら消費することに決めました。スポーツジムに週に4〜5回通っています。
気をつけているのは、トレーニングが単調にならないことです。運動には2種類あって、ジョギングなどの有酸素運動と筋トレを始めとした無酸素運動があります。使う筋肉や期待できる効果が全く異なり、どちらか一方だけでは良くないんです。
筋トレというと、筋肉で身体が太くなりそう、というイメージがありますが、ジムのスタッフさん曰く、そんな簡単にマッチョにはならないとのことです。普通に仕事帰りに行なっているレベルなら、程よい筋肉がつくぐらいなので、筋トレを敬遠しない方が良いそうです。その話を聞いてからは積極的に筋トレをしています。
また、室内運動だけでなく、水泳も週に何度か行えば、よりバランス良く鍛えられるので、さらに引き締まった身体が期待できます。水泳は血行やリンパの流れも良くしてくれるので、むくみの解消にもなります。
また、運動前後と寝る前・起きた直後のストレッチを欠かさないことで、柔軟性が高められますので日課にしています。
このように、身体を動かすことで、体型の崩れから身を守っています。

その2:保湿

Tゾーンは脂性肌、頬のあたりは乾燥肌の、いわゆる混合肌の私です。
夏の季節はまだいいのですが、冬の乾燥した時期になると頬のあたりの潤いが全くなくなり困っていました。
保湿効果のある化粧水なども使いましたが、私の場合あまり肌に吸収されている感じがせず、効果がありませんでした(たくさんつける多少肌の表面がモチモチしましたが、それだけでした)。
そこで、化粧水→乳液を使うというそれまでの手順をやめ、お風呂上りの肌にいきなり保湿効果の高いクリームを塗りこんだところ、何となく肌が改善されてきました。
ガッテン塗りというそうで、以前テレビで紹介された方法だそうです。
ネットで話題になっていたので、気になってやってみたら、確かに効果がありました。
保湿効果のあるクリームと書きましたが、私の場合いくつか試してみて、本当にこれは効く!と思ったのは「ちふれ」のボラージクリームと、「キュレル」の保湿クリームです。
特に「キュレル」のクリームの方は肌の中に浸透してセラミドを増やしてくれる効果もあるようで、本当にお肌が潤って良かったです。
両方ともそれほど高い商品ではありません(ちふれのボラージクリームは1000円前後、キュレルのクリームは2500円ほどです)でしたが、しっかり効果が合って良かったです。
今も化粧水を全く使わないわけではないのですが、保湿系のクリームさえあればなんとかなってしまうので、使う頻度はぐっと減りました。
それまで何も考えずに化粧水を買い続けていましたが、今あるものがなくなったら、もう買わない気がします。

その3:脱毛にお金をかける

私が脱毛したのは両ワキです。初めての時は脱毛サロンを利用したのですが、脱毛効果は良好で以前は固くて太めの毛がびっしり生えていたものも今ではほとんど毛が生えてこなくなりました。たまに2,3本生えてきても柔らかくて細い一見わからないくらいの毛です。自己処理は3ヶ月に1回ほどで済むようになりました。施術は両腕を上げて仰向けになった状態で行われ、5分くらいで完了します。スタッフさんがレーザーを数回に分けてワキに当てていくのですが、たまにピリッピリッという感触が伝わるだけで痛いと感じることはありませんでした。毎回痛みがないか確認してくれ、万が一痛い場合は施術を中断してくれます。お店は清潔で親しみやすいデザインになっていて、施術室も全て個室でくつろげる空間です。待合室も雑誌や脱毛に関する説明があり、自由に暇つぶしをしたり脱毛について勉強したりして過ごすことができます。接客は若干フランクな感じですが失礼なほどではないです。勧誘は人によりますが、たまたま副店長らしき方に当たった時はしつこくて不快になりました。予約は会員専用のホームページで予約でき、予定に変更があった時も対応してくれるので便利です。ただ、自分の入れたい時間がいっぱいで入らないということが多かったです。

※脱毛を慎重に選ぶコツ
まずサロンではなくてクリニックの医療脱毛にする、これが前提です。
で、実は医療脱毛と言っても使っている脱毛機はいろいろあれど、結局は同じような機種ばかりであることがわかります。
例えばジェントルレーズはソプラノ、ジェントルヤグなど。
でもっと言えば照射するレーザーの種類は3つしかないのでどこも違うようで似たものばっかりなんですね。
となると比較基準としては料金の安さが一番わかりやすく、あとは自分が脱毛したい体の箇所がいくらで脱毛できるのか、という視点で見ていけばいいのです。
どうでしょうか、意外と簡単でしょ!?

私の場合は広島で永久脱毛に1年以上通いましたが、このように全身や足、腕、VIOなどなど、どこが安いかの比較表があるとわかりやすいですよね!
例として広島の永久脱毛のサイトの貼っておきますが、このように自分が通うであろうエリア、駅前の医療脱毛を調べるとけっこう簡単にわかると思います。
脱毛に通う前にはこれだけはやっておきましょう。

※最近はどの都市でも平均的に医療脱毛は受けられる!
九州、中国地方だと広島も大きいですが最大の街はやっぱり福岡。
昔は当然福岡に行かないと美容系のクリニックもあまりなく、特に脱毛も満足に受けられなかったと思います。
実際のところ、今でも福岡での脱毛がこの辺だと一番充実しているのは間違いありません。
福岡での永久脱毛について

ですがだんだんとその差もなくなってきており、それなりに大きな都市であれば
あまりその辺の差がなく普通に永久脱毛に取り組めるようになってきました。
上記の福岡の脱毛サイトを見てもわかると思いますが、広島のそれとあまり差はありません。
具体的なクリニックを出しも大手、準大手はどちらにもありますからね!
ここまで脱毛が浸透し、医療脱毛を自由に受けられるようになったのはホント凄い進化だと思いますよ。